スーツの水洗い

スーツを大切に

単なる作業着、自らを奮い立たせる戦闘服、自らを主張するアイテム…など、スーツを着る目的は人それぞれだと思います。

スーツは自分自身を映し出す鏡となります。

スーツに愛情を注いで大切に着れば、何年でも着ることができます。

当社では、スーツを長く大切に着ていただくために、次のようなサービスを行っています。

こうしたサービスは、よほどの専門店でないとできない内容です。

ご希望の方は、ぜひお申し付けください。

 

スーツの水洗い

スーツは普段、ドライクリーニングに出している方がほとんどだと思います。

しかし、ドライクリーニングには、次のような問題点があります。

1.落とせる汚れと落とせない汚れ。

ドライクリーニングと水洗いの違いについては、表をご参照ください。

ドライクリーニングでは石油系の薬剤を使って洗いますから、油系の汚れは綺麗に落ちます。しかし、ドライクリーニングでは、水溶性の汚れは基本的には取れません。

 

ドライクリーニングと水洗いではここが違う

ドライクリーニングで落とせる汚れ

  1. 食用油・機械油・ペンキ・口紅・ボールペン・マジックインキ・靴墨
  2. 回数を重ねると服地が目詰まりし風合いを損ねることがある。
  3. 型崩れが少なくプレスしやすい。

水洗いで落とせる汚れ

  1. 汁・お小水・食べこぼし・お茶・コーヒー・果汁・醤油・ソース・血液
  2. 服地の風合いを損なわず天然素材が甦る。
  3. プレスに技術と手間を要する

2 洗剤自体の汚れや汚れカス

一般の方はあまりご存じないかもしれませんが、ドライクリーニングでは通常、使い終わった洗剤をフィルターで循環させながら、使い回ししています。

そのため、ドライクリーニングでは、淡色のスーツやコートに逆に色がついてしまうこともあります。

ドライクリーニングでは、汚れを含んだ薬剤を使い回すことになりますから、衣類に汚れが付着することもあります。

このように、ドライクリーニングは、スーツにとって決して良いとは言えない方法です。

 

当社の工場では、クリーニング業界と提携し、スーツの水洗いサービスをしています。

スーツを水洗いすることにより、タバコのヤニや生地が吸ったホコリ、汗などの汚れをきれいに取ることができます。

 

画像は、水洗いの洗剤の使用前と使用後になります。

普通に使って普通にドライクリーニングに出している方でも、このように、石鹸カスや取れない汚れが出てきます。

さらに、タバコを吸われる方なら、茶色いヤニがしみ出てきます。

 

スーツを水洗いした場合には、洗った後に生地(特に裏地)が縮んだりくしゃくしゃになったりしてしまいます。そうなると、プレスに手間がかかりすぎることから、専門のクリーニング店でも水洗いはあまり行っていません。

 

当社は縫製やプレスが主業ですから、もし生地が縮むことがあっても、縫い代を出してリメイクすることができますし、プレスも8台の専用機で1時間かけて作業します。

(プレスの様子については動画をご覧ください。)

 

スーツの水洗いは、まるでポマードで押しつぶした髪の毛がシャンプー、リンスで柔らかくふわっと生き返るようなものです。

そんな仕上がりになる水洗いをぜひお試しください。

シロセット加工

シロセット加工とは、特殊な薬剤を塗布してプレスをかけることにより、ズボンの折り目を消えにくくする加工になります。

スーツを長く着ていると、

  • 汗をかいたときにズボンの折り目が消えてしまう…
  • 不意な大雨に降られてズボンがよれよれ…
  • 長期出張になるとズボンがだらしなくなる…

というようなことが、よくあると思います。

 

シロセット加工をすると、スーツの生地を傷めることなく、ズボンの折り目が消えにくくなります。

 

クリーニング店の中にも、シロセット加工を行っているところがあります。

ですが、手作業で1枚1枚プレスをかけるのは、当社のような縫製工場の得意分野です。

シロセット加工をご希望の方は、ぜひ当社にお申し付けください。

なお、他社製品の持ち込みもOKですが、薬剤の性質上、高混率のウール素材しか効果がありませんのでご留意ください(モヘヤ、シルク、コットン、リネンなどの素材には不向きです)。

股部補強

太めの方は、スーツを着るときに、パンツがすぐ傷むという悩みを持っていることが多いのではないでしょうか?

パンツは2パンツが必須という方もいらっしゃいますが、スペアパンツを用意できるお店はそれほどありません。

また、スペアパンツを用意するにしても、それなりの金額がかかってしまいますから、できれば1着の予算ですませたいことと思います。

 

そのような方におすすめなのが、股部補強になります。

股部補強は、股の付け根部分の表地を2枚重ねて縫うというものです。

生地を2枚重ねることで耐久性が上がり、傷んだとしてもこの部分だけ交換すれば、長期間パンツを着用することができます。

 

太めの方は、ズボンの内側にある股シックを補強して対策をすることが多いと思います。

しかし、股ズレの大半は外部の摩擦が主な原因となっており、股シックでいくら補強しても外側を2重にして縫うことにはかないません。

人目が気になる部位ですが、その辺も心配ご無用です。

当社は縫製が本職ですから、画像のように、柄物のパンツでも柄を綺麗に合わせた上で重ね縫いします。

外から分かる心配はありませんのでご安心ください。

 

お値段については、お仕立て時にお付けする場合には工程が簡単なので+2,625円になりますが、仕上がった後からお付けする場合には、+4,200となります。

(なお、別途生地が15~20センチ四方程度必要です。)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です