正しいスーツの形

スーツの元となる生地は平面であるにもかかわらず、スーツというのは立体になります。

平面の生地を立体的なスーツにするために、型紙を利用することになります。まずパーツごとの型紙を作り、それを縫い合わせて筒状にします。さらに、“くびれ”を作りたいパーツには、ダーツ処理を行います。

しかし、これだけの作業で身体のラインにピッタリフィットする立体的なスーツになるわけではありません。画像のようなグラマラスな絞りの入った立体的なスーツにするためには、「クセ取り」を行う必要があります。

スーツが好きな方なら、「クセ取り」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。「クセ取り」とは、簡単に言うとアイロンワークを駆使して生地を立体的にすることです。けれど、「クセ取り」について正確に説明できる人はあまりいません。というのも、「クセ取り」はフルオーダーの世界でのみ通用する概念ですが、フルオーダーの世界の住人は、皆さんが考えるほど多くはないからです。

ここでは、わかりにくい「クセ取り」について、できるだけかみ砕いてご説明したいと思います。

1.基礎知識

画像は、上着の背部の型紙です。

画像の型紙の右上が首の中央の付け根に当たる場所(O点:画像内右上の端)で、そこから左方向へ、首まわり、肩線、アームホール、脇の縫い線と続きます。

なお、○点から下方向は、背中の中心線になります。

 

背部を見て、いちばん立体的に作りたいのは、やはり“ウエストの美しい絞り”ではないでしょうか?

技術的なことを言うと、ウエストを細くするだけでなく、肩胛骨部分のふくらみからウエストにかけてのS字ラインをどのようにして作るかがポイントになります。

背部には、型紙で絞りを加えることはできますが、一般にダーツ処理で絞りを加えることはしないので、ここで技術力が生きてきます。

ちなみに、既製服やパターンオーダーの世界では、主に型紙を操作することで、ウエストに絞りを加えています。そうすると、画像のように、背中からウエストにかけての縦のストライプが、背中の中心で消えてしまうような仕上がりになります。もちろん、こういったデザインもハッとして素敵に見えるものですが、ハンドメイドスーツの場合には、もっと立体的に考えることになります。

スーツくびれ

2.事前準備

ここでは、特殊なメッシュ状の織物を使って説明します。

画像のメッシュ状の織物は、洋服の生地と同様、繊維がタテヨコ90度で交差してできています。

このような織物は、簡単には目が詰まりませんが、斜めから力が加わると90度の交差に変化が生じ、正方形からひし形に変形してしまいます。

3.クセ取り(アイロンワーク)とは…

正方形になっている生地の目(地の目)をひし形に変形させて立体にするのが、「クセ取り」のアイロンワークになります。

 

「正方形をひし形にするとなぜ立体になるのか?」については、動画で説明していますのでご覧ください。>>>

 

 

おわかりいただけたでしょうか?

このようにして、平面の生地から、肩胛骨部分にふくらみを生じさせ、そこからウエストにかけてS字型のシェイプを作ることになります。

 

なお、動画ではメッシュ状の織物を使っていますから簡単にできましたが、実際の生地ではそれほど簡単にはできません。

どんな生地を使うか(素材・糸番手・織り密度)によっても違いがありますが、プレスに書ける時間、技術力などによっても、結果は随分と変わってきます。

 

4.シルエット

クセ取りをしたスーツが実際にどのような形になっているか見てみましょう。

画像は、仮縫い段階のスーツに、わかりやすいように10cm四方のマス目を入れてクセ取りを行ったものです。直線であるはずのマス目が緩やかにカーブを描いているのがわかると思います。

ピンク色の線が直線ですから、これと比べるとS字にカーブしています。

横から見ても、やわらかにカーブしているのがわかります。

実際には、画像の赤線のような方向で、複雑にクセ取りを行います。これにより、S字の綺麗なラインができることになります。

 

(余談ですが、赤線の左上方向にクセ取りを行えば肩線が前に向いて、肩入れがしやすくなります。こうして、フルオーダースーツは着心地が良くなります。)

 

なお、目印にした10cm四方のマス目も少し変形していますが、これは体の立体面にフィットすることで、実際には違和感のない仕上がりになります。

 

おわかりいただけたでしょうか?

このようにして、背中に吸い付くような見事なシルエットができるのです。

スーツシルエット

5.最後に

スーツの絞りでは、背中の中心に向かってストライプ柄がどれだけ消えていくかというのを基準にされる方がいらっしゃいます。しかし、フルオーダーでは、型紙上の絞りだけに頼らず、本当に身体にフィットする立体的なシルエットに仕上げることが可能であることをおわかりいただけたと思います。

 

こうしたクセ取りの作業は、メッシュ状の生地の特性を熟知した職人が、十分な時間をかけてていねいに行わなければできません。コスト面で制約のある既製服やイージーオーダー、パターンオーダーの世界では、時間的にも技術的にも限界があります。

 

 

生地は生き物です。

 

地の目が変形しやすくクセ取りしやすい生地もあれば、クセ取りがしにくい生地もあります。

また、肩胛骨の張り、腰骨の張り、ふくらはぎの張りなど、お客様の体型によっても、クセ取りの量が変わってきます。

仮縫いを通じて、どこのパーツでどれだけクセ取りするかを正しく見きわめ、それを十分な時間をかけて立体的に縫製していくのがハンドメイドスーツになります。

 

・・・ 補足 ・・・

 

このような方法で立体的に仕立てると、クリーニングやメンテナンスの際に、せっかくできた膨らみが消えたり歪んだりしてしまうのでではないかと心配な方もいらっしゃるかもしれません。

ハンドメイドスーツは、立体的な状態で縫い上げているものです。平面に押しつけプレスしてしまうと歪んでしまいますが、蒸気を与えながら吊しておけば、ウールの特性である復元性により、元のクセ取りをした状態に戻ります。

通常は、肩に厚みのあるハンガーに吊るして保管すれば、S字のシルエットを維持することができます。

どうしても気になる方は、水洗いメンテナンスにお持ち込み頂ければ、プレスも含めたメンテナンスをさせていただきます。